Iライン脱毛について

Iライン脱毛した花嫁

Iラインの脱毛は、女性にとってはメリットが多く、今はエステサロンでも、大々的におススメしている部位です。

Iライン脱毛の効果は、

  • 蒸れない
  • 痒くならない
  • 臭いが軽減される
  • 水着やショーツからはみ出さない

はっきり言って、Iラインの毛はあっても、良いことなんて無いのです。

そんな邪魔な、Iラインの毛。

脱毛するなんて、恥ずかしいと思うかも知れません。

こちらでは、私が実際にIライン脱毛を受けた時に感じた事や、スタッフの方の気遣いについて、書いていますので、これから受けようと思っている方や、不安に思っている方の参考になればと思います。

Iライン脱毛体験記

Iライン脱毛するかを考える女性

実際に私自身、Iライン脱毛に踏み切るまでには、時間がかかりました。

Vラインの脱毛には、かなり前から通っていたのですが、Iライン脱毛はどうしても恥ずかしく、なかなか勇気が出なかったのです。

勇気が出ないものの、ずっと気になっていたので、他の部位の脱毛を受けているときに、スタッフの方に、施術方法を聞いていました。

いくら紙ショーツで隠していても、大事なところが、見えてしまうのではないだろうか?

スタッフの方に「汚いな」と、思われるのではないだろうか。

そんな心配があったのですが、生理中の不快感から、解放されるということでおススメされ、思い切って、受けてみることにしました。

当日ですが、サロンに入る直前にお手洗いに行き、ウォシュレットで綺麗に洗ってから、サロンに向かいました。

部屋で着替えをする時も、ウェットティッシュが置いてあったので、拭くようにしました。

この時、こすってしまい、少し赤みが出てしまったので、そこは要注意です。

初めての施術でしたので、スタッフの方に「恥ずかしいんですよね」と言うと「皆さんそう言われるのですが、1日に何人も施術しているので、こちらは何とも思わないんですよ」とおっしゃっていました。

脱毛サロンでIライン脱毛を受ける時タオルをかけられた女性

いざ、施術になり、足を立てた状態で、仰向けになりました。

次に片足ずつ、横に倒すのですが、その時に立てているほうの脚から上半身にかけて、施術の邪魔にならないように、タオルをかけてくださいました。

タオルで覆われているだけで、気持ち的に、恥ずかしさが薄れたのを、覚えています。

そして、ショーツを横にずらしての、施術です。

Iラインは、左右に分かれていますので、大事なところが見えないようにずらしての、施術でした。

もっと大きく、ずらされると思っていたのですが、粘膜ギリギリまで、見えないように気を使って下さっていました。

施術中に、スタッフの方が色々と話しかけて下さったことも、気が紛れてとても良かったです。

この時無言だったら「汚いな、毛深いなと思われているかも」と考えてしまい、恥ずかしさが、もっと込み上げていたに、違いありません。

恥ずかしい!と思ったのは1回目だけで、2回目以降は、何とも思わなくなりました。

実際に受けてみて、施術の過程がわかっていると、2回目以降は、こんなにも安心するものなんですね。

Iライン脱毛をしていると、男性に引かれちゃう?

恋人とワインを飲むIライン脱毛した女性

確かに、トライアングルゾーン(ショーツで隠れる部位)が全て無毛だと、男性は引いてしまうかもしれません。

遊んでいるように思われるかも・・・と、心配する気持ちも、理解できます。

それに比べて、Iラインの毛は、個人差が大きくありますし、他人から見える場所ではないので、脱毛に挑戦しやすいのでは、ないでしょうか?

私は、あえて男性に、Iライン脱毛のことを話す必要は、無いと思います。

もし「どうしてIラインに毛が無いの?」と聞かれたら「脱毛しちゃったの」と答えても、良いのではないでしょうか。

そこで「え?」というような反応をされた場合は、Iラインの毛があることのデメリット、Iライン脱毛のメリット、今は皆VIO脱毛をしていることを、話してみましょう

彼女のIラインの毛が無くなっていることで「毛がある方が良かったのに!」と言う男性は、少ないと思いますよ。

一緒にプールや海に行った、彼女のショーツの間から毛がはみ出ていたら、それこそ男性は引いてしまいます。

だらしが無いという印象を、持たれかねません。

見えない所まで、きちんと気を使っていることは、むしろ好印象では、ないでしょうか。

Iライン脱毛をする時に、注意してほしいのが、毛が多い方がIラインだけ脱毛すると、VラインやOラインの毛が、目立ってしまうという事です。

出来れば、Vラインの毛量を減らし、形を整えるくらいのことは、しておきましょうね。

まとめ

ビーチで抱き合う男性とIライン脱毛した女性

脱毛で一度毛が無くなってしまうと、毛はもう、生えてきません。

ですので、トライアングル部位全部を、無毛状態にするのは、私はおススメしません。

今のパートナーとの間では良くても、次に新しくパートナーになった男性は、どのように感じるか、わからないからです。

「どうしてそこまで脱毛する必要があったのか?」

「前の彼氏の趣味なのか?」

そう思われても、仕方ありません。

でもIラインに関しては、無毛状態でも、大丈夫ではないでしょうか。

もし何か言われても、脱毛したことで得られたメリットを、説明できれば良いと思います。

トライアングル部位の脱毛とは違って、女性にしかわからない、生理中の不快感の軽減につながることを話せば、それ以上は何とも言わないのでは、ないでしょうか?

Iライン脱毛が、恥ずかしいのも、初回だけです。

緊張していること、恥ずかしいことを先に伝えれば、スタッフの方も気を使ってくれると思いますので、先に伝えるのも手段だと思いますよ。

銀座カラー 脱毛キャンペーン