膝下膝上の足のムダ毛の処理が、面倒だと感じたことは、ありませんか?

範囲が広く、自己処理に時間がかかり「あ!剃って無かった!」と思っても、脇の様にさっと剃ることも出来ません。

自己処理でトラブルを起こし、埋もれ毛やポツポツ毛穴に悩まされることが多い部位でもあります。

今、足毛の脱毛はエステサロンで人気の脱毛部位なんです!

特にひざ下は、人から見えることが多いので、脱毛している人も多いのです。

脚毛の脱毛完了までの回数や期間・範囲・効果の表れ方・痛みについてまとめました。お役に立てると嬉しいです。

足毛の脱毛って痛いの?

足脱毛が痛いかと考える女性

足毛の脱毛ですが、足の毛は、比較的毛が細いため、痛みはあまりありません。

膝上より、膝下の方が太い毛が生えているので、膝下脱毛の方が、痛みを感じます。

それでも、ほとんど痛みを感じることは、ないでしょう。

唯一、ちょっとチクっとした痛みを感じる部分と言えば、足首と膝でしょうか。

意外ですよね。

膝下や膝上に比べて脂肪量が少なく、ひざは床に着くことで、黒ずんでしまっていることも多いため、痛みを感じる方が多いそうです。

また、ヒザの毛は膝下、膝上の毛に比べて、太くしっかりとした毛が生えています。

このことも、痛みを感じやすい原因の、一つです。

足首に、太い毛が生えていることはあまり無いのですが、皮膚が薄く、脂肪量も少なく、皮膚と骨の距離が近いこともあり、刺激が伝わりやすい部位なのです。

足毛脱毛の効果の現れ方

足毛膝脱毛の効果を考える女性

同じ足毛でも、膝下と膝上では、効果の表れ方が違います。

簡単に言うと、膝下の足毛はどんどん本数が減っていき、目に見えて毛が無くなっていくのがわかります。

膝上は、足毛の本数が無くなっていくと言うより、段々薄くなりながら、減っていく感じです。

これは元々生えている足毛が膝上の方が細く、光脱毛の効果を受けにくいことが、関係しています。

光脱毛の光は黒いもの、メラニン色素に、反応します。

脇やVラインなどの、太い毛には反応しやすいのですが、膝上のような元々細い毛には、反応しにくいのです。

脚全体を常に同時に、同じように脱毛していったとしても、ひざ下の方が早く、毛が無くなります。

もちろん、通い続ければ、膝上も毛が無くなっていきますので、安心してくださいね。

足毛脱毛には何回くらい通えばいいの?期間は?

膝脱毛に何回通ったかを数える女性

前述の通り、足毛脱毛と言っても、膝上と膝下では、効果の表れ方が違います。

しちゃがってそれぞれ通う回数も、ペースも違ってきます。

どちらも、2、3ケ月に一度のペースで、通い始めます。

回数を重ねるにつれて、明らかに本数が減ってきた場合は、3カ月に1回、4カ月に1回と、脱毛間隔を広げていきます。

これは、サロンのスタッフの方に聞くのが、一番です!

「足の毛の生えるスピードが、遅くなってきたようなのですが、次はいつ、予約を取れば良いですか?」と聞いてみましょう。

私の場合、ひざ下は、毛が減っていくのが、目に見えてわかったため、最終的には4、5カ月に1回のペースになりました。

膝上は、段々薄くはなっているものの、毛量が減っている感じはせず、結局最後まで、3カ月に1度のペースで通いました。

脱毛完了までの回数ですが、膝下の場合、本数が減ってきたなと感じるのが4、5回目。

この頃には、自己処理も楽になったと、感じるでしょう。

8回目を越えてくると、本数が一気に減ったように感じ、生えている毛の質も変わってきます。

1本1本が細くなり、目立ちにくくなってくるのです。

個人差はありますが、ひざ下脱毛は、12回から16回で完了します。

2、3カ月に1回ペースで通うので、完了まで、2年から3年といったところでしょうか。

18回受ければ、産毛も綺麗に無くなり、自己処理の必要性も無くなります。

膝脱毛を受けようとしている女性

次に膝ですが、膝下の範囲として、含まれているサロンがほとんどです。

私の契約したサロンでも、膝下に含まれていたので、膝下と同じ回数だけ(18回)ヒザも施術を受けたのですが、数本だけ、しつこく生えてくる毛がありました。

ちょうどその時に、膝脱毛6回500円のサロンを見つけたので、膝のみ追加で、施術を受けました。

ひざは、角質が溜まり皮膚が硬くなっていることもあり、毛が抜けにくい部位です。

しっかり保湿をし、たまに角質除去のクリームなどを塗ってあげると、効果が表れやすいので、気を付けて、ケアするようにしましょう。

膝上は、脱毛が完了するまでには、18~24回はかかるでしょう。

12回を超えたあたりからは、毛がとても細くなっているので、目立ちにくい状態にはなっています。

サロンの方に聞いてみたところ、膝上は人から見えることも少ないので、12~16回施術を受けて、ほとんど目立たなくなったら、やめる方も多いそうです。

足毛脱毛の範囲は?脱毛する時の服装は?

脱毛に向かう途中の女性

膝上・膝・膝下の3パーツに分かれているところや、膝下に膝が含まれており、膝下と膝上の2つに分かれているサロンもあります。

膝下膝上同時に施術の場合のみ、膝も一緒に光を当ててくれる、といったサロンも、ありました。

この辺りは、契約の際にしっかり確認しましょう。

同じくらいのお値段ならば、ひざがひざ下に、含まれている方が良いですよね。

膝上の範囲ですが、ショーツギリギリまででは、ありません。

ほとんどのサロンが、足の付け根の上下で、Vラインと膝上に分かれています。

ボクサーパンツの、裾部分で分かれると考えてもらって、良いでしょう。

足毛脱毛時の服装ですが、上半身の施術が無ければ、サロンで渡される巻きタオルを、腰から下に巻きます。

上の服は脱がなくても、大丈夫です。

上半身の施術がある場合は、胸から下に巻くようにします。

巻きタオルは長さがあり、160㎝の私が、胸下で巻いても、膝丈くらいはあるので、安心してくださいね。

足毛の脱毛をすることのメリット、デメリットは?

足脱毛を受けた女性

ふと、人の膝下の足毛が、気になったことはありませんか?

短め丈のパンツをはいていると、見えないようで、意外に見えてしまう膝下の足毛。

夏場は、プールなどに行くことも、ありますよね。

膝上は範囲が広いので、自己処理をするのも、大変です。

膝は骨が凸凹しているので、カミソリを使って剃っていると失敗し、肌を傷つけてしまったことも、ありました。

このような悩みから解放される脚毛の脱毛は、絶対におススメです。

範囲の広い、足毛の自己処理から解放されると、とっても楽になります。

足のムダ毛の自己処理を続けていると、埋もれ毛が出来ることがあります。

埋もれ毛は、黒いブツブツになって見える為、自己処理をしたものの、恥ずかしくて脚は出せない!といった話をよく聞くのです。

足毛脱毛をすることによって自己処理の回数が減ると、このようなトラブルも無くなります。

肌トラブルがなくなると、自信をもって足を出せるようになり、ファッションに変化も表れ、自分自身に自信が持てるようになります。

デメリットとしては、完了まで回数が必要なので、料金がかかることです。

ですが、今は、脚毛の脱毛体験を行っているサロンも多いので、それらを上手く活用すると良いでしょう。

まとめ

足毛脱毛の施術を受けた女性の足

ワキ毛に続いて、脱毛したい部位ランキングに入っている、足毛の脱毛。

それだけ、皆さんに足のムダ毛処理に悩みがあるという事です。

脇毛の処理には気を付けている人でも、足の毛は見えないから・・・と剃っていないことがあります。

そんな時に限って、ちらっと見えてしまう事もあるので「脚の毛を剃ってないんだな」と、人の印象に残りやすいパーツでもあります。

回数は必要ですが、膝下は、毛が無くなっていく過程がわかりやすいので「脱毛している!綺麗になっている!」というのが実感できます。

体験プラン中に、足毛の脱毛が含まれていることも多いので、ぜひ体験プランで足脱毛を受けてみて下さい。

病みつきになってしまうこと、間違いなしです!

銀座カラー 脱毛キャンペーン