ミュゼプラチナム

ここでは、契約後から施術当日までのことについて、まとめてみました。

実際に通っている私が感じた、当日の服装のことや持ち物のことなどは、きっと役立てていただけると思います。

契約をしたら、まずするべきことは?

脱毛サロンへ行く準備している女性

無事に契約を終えたら、次は予約を取りましょう。

この時、注意する点があります。

例えば、ミュゼプラチナムでは以下の項目に当てはまるものがある場合は、施術を受けることが出来ません。

  • 体調がすぐれない
  • お肌が乾燥している
  • 当日、お薬を服用している
    ※定期的に服用されている方は医師に相談してください。
  • 妊娠・授乳中である
  • 前後10日以内の予防接種
  • 日焼けをしている
  • 前後12時間以内の飲酒

(以上ミュゼ公式HPより)

この時、うっかりしてしまいそうなのが、予防接種の予定です。

場合によっては、3か月後の予約を取ることもあるのですが、その時は予防接種の予約をしていなくても、後々入れてしまうことがあります。

予防接種シーズンは、気を付けるようにしましょう。

生理と、被らないようにする必要も、あります。

生理不順な方は、予約を入れにくいですが、絶対に大丈夫な日を狙って、予約するようにしましょう。

施術前の事前準備は?

下着姿の女性

事前準備で一番大切なのは、ムダ毛の処理です。

自己処理の注意点については、別記事に詳しく記載していますが、シェーバーを使用して、肌を傷つけないようにすることが、好ましいでしょう。

肌が弱い方は、カミソリやシェーバーを使用することで、肌が赤みを帯びてしまうことがあります。

施術時に赤みがあると、その場所を避けての、施術になってしまいます。

せっかくの脱毛なのに、範囲が狭まってしまうのは、勿体無いことです。

範囲が狭まっても、狭まらなくても、1回分消化には、変わりありません。

赤みを帯びやすい方は特に、肌に負担をかけないように、気をつけなければいけません。

前日に剃ると、トラブルが起きた時に、施術当日までに治まるかわからないので、出来れば2~3日前までに剃ると安心です。

ビー・エスコートでは、毎回施術部位の水分量を測るのですが、この時水分量が30パーセント以下の場合は、照射レベルを大きく下げての施術になります。

水分量が低すぎる場合は、施術が見送りになってしまいます。

このようなことにならないように、施術日までは、毎日しっかり保湿をすることを、おススメします。

持っていくと良い物ってある?

脱毛サロンへ行こうとしているランジェリーを着た女性

サロン側から、特に持ち物と言われるものはありません。

これは、私が6年以上脱毛サロンに通い続けて(妊娠出産の期間を挟んでいます)持っていくと便利だな、良いなと思ったもののご紹介です。

  1. メイク用品
    これは、顔脱毛をする方は、必要です。

    メイクを落としてしまうので、サロンのパウダールームなどで、メイクをする必要があります。

  2. ウェットティッシュ
    サロンのロッカーに、置いてあることも多いのですが、置いていないサロンもあります。

    IラインやOラインの施術の際は、事前に一度、綺麗にしておきたいですよね。

    また、夏場は汗をかくので、脇の脱毛時は、脇汗も気になります。

    この時、パウダーインタイプの物は、避けるようにしましょう。

予約当日、服装はどんな服装が良いの?

脱毛サロンへ通うランジェリーを着た女性

当日ですが、サロンにてお着替えをするので、どのような服装でも構いません。

上半身の施術のみの場合は、サロンで用意された、キャミソールに着替えるのですが、ワンピースを着ていった場合は、巻きタオルに着替えることになります。

上下別々の服装で行った方が、良いですね。

下着ですが、私はいつもブラトップを使用しているのですが、ブラトップを着用していると、サロンで用意された、キャミソールに着替える必要が無いため、とても楽です。

ショーツは、VIOラインの施術があるときは、紙ショーツを渡されます。

余談ですが、この紙ショーツ、Tバックの様になっているのですが、前面も2センチほどの幅しかありません。

これでアンダーヘアが隠れる人は、まずいないでしょう。

慣れてしまえば何とも思いませんが、最初は本当にこれで合っているのかと、心配になりました。

かと言って、前後逆に履くともっと、アンダーヘアが隠れないので、間違っていることは無いのですが、それくらいの恥ずかしさがあります。

VIOラインの施術が無い場合は、自分が履いてきたショーツのままで、施術が行われます。

太ももの施術時は、太ももの付け根までの施術になる為、巻きタオルを大きくめくり、自前のショーツが露わになります。

その時、見られても恥ずかしくないような、下着を履いて行くと、良いでしょう。

当日の注意点は?

脱毛サロンの準備を考えていて寝てしまった女性

当日の服装については、上記にまとめました。

これは、私が気を付けていることなのですが、寝転がっての施術になるため、ポニーテールなどの髪型は、避けるようにしています。

寝転んだ時に痛くない、崩れが気にならないような髪型にすると、良いと思いますよ。

当日ですが、施術予約時間に遅れると、キャンセル扱いになることもありますし、予約部位全部の脱毛を、してもらえなくなってしまいます。

ミュゼの様に、契約した店舗でなくても、その都度好きな店舗で受けられる場合は、初めて訪れることもあるでしょう。

事前にしっかり店舗へのアクセスを、チェックしておきましょうね。

まとめ

脱毛サロンへ行く準備をしている女性

予約さえしてしまえば、ムダ毛処理の時に、肌を傷つけないようにする点以外は、何も心配するようなことはありません。

当日までに体調を整え、ムダ毛の処理をし、リラックスした気分で、サロンに向かって下さいね。

銀座カラー 脱毛キャンペーン