女性なのに毛深いのはなぜ?

毛深い毛を脱毛してスキッとした女性

女性なのに、どうしてこんなに毛深いんだろう・・・

何とかして、毛深さを解消する方法は無いかな?

そう思っている方は、多いのではないでしょうか?

男性よりも濃い体毛に、悩んでいる女性もいます。

なぜ、体毛が濃いのか、理由をご存知でしょうか。

こちらでは、毛深さの理由や、改善法などを、まとめてみました。

毛深い原因は遺伝だけじゃない!

毛深い原因を考える女性

毛深くなる理由は大きく分けて2つあります。

  1. 遺伝
  2. 男性ホルモンの影響

まず、遺伝についてです。

両親のどちらかが、毛深い場合、子供も毛深くなる確率が、高いのです。

両親では無く、祖父母の体質が遺伝する、隔世遺伝の可能性も、考えられます。

次に、ホルモンの、影響についてです。

ホルモンバランスが崩れると、毛深くなることがあります。

  • 毛の量が増えた
  • 前は気にならなかった場所の毛が気になるようになった

このような場合は、ホルモンバランスが、乱れている可能性があります。

女性ホルモンが減少することで、男性ホルモンの影響を受けやすくなり、体毛が濃くなります。

男性ホルモンの中の、テストステロンという成分が、体毛の発育に、大きく関係しているのです。

ホルモンバランスが崩れる原因

ホルモンバランスの崩れを考える女性

先ほど挙げた、ホルモンバランスが崩れる、乱れる原因とは、何でしょうか。

  • 食生活の乱れ
  • ダイエット
  • 睡眠不足
  • ストレス

他にも、妊娠によって、ホルモンバランスが変わると、一時的にですが、体毛が濃くなることがあります。

毛深さを改善するには?

ホルモンバランスを改善した女性

生活習慣を改め、ホルモンバランスの乱れを、元に戻すことが大切です。

ストレス解消法を見つけたり、食生活の改善を心掛けたり、するようにしましょう。

他の方法としては、女性ホルモンを多く分泌させるように、すれば良いのです。

食べ物で、女性ホルモンを分泌させる、方法です。

オススメの食品は、卵、大豆製品、ナッツ類、アボカド、キャベツ、マグロなど。

逆に、女性ホルモンの分泌を、邪魔してしまう食べ物は、甘いもの、揚げ物、ジャンクフード、インスタント食品などです。

また、大豆イソフラボンを摂取することも、女性ホルモンの量を増やすのには、効果的です。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンの中の成分である、エストロゲンと似たような作用をすると、言われています。

大豆イソフラボンは、納豆や豆腐、味噌、豆乳、きなこなどに、多く含まれています。

お肉の食べすぎは、良くないって本当?

食事に気を付けて体毛が薄くなった女性

欧米人の方ほど、体毛が濃いのには、肉食文化だということも、大きく関係しています。

動物性たんぱく質の肉は、テストステロンを増やす、効果があります。

食べ過ぎることにより、酸化した脂肪が、体内に溜まります。

その酸化した脂肪を、毛を通じて外に出そうとするため、体毛が濃くなるのです。

ですので、肉食文化の欧米人は、毛深い人が多いのです。

今、日本でも、食事の欧米化が、進んでいます。

体毛のことも考えて、食事にも、気を使いたいですね。

まとめ

光脱毛で毛深さを解消した女性

毛深いと、毎日毎日、自己処理をしなければなりません。

しかし、いくら剃っても、毛深い方は、処理後に、黒い点々が目立ってしまいます。

また、カミソリでの自己処理は、肌を痛め、毛穴も広がり、余計に毛が目立つようになってしまいます。

そんな毛深い女性にこそ、脱毛を試してほしいのです!

黒く太い毛に反応しやすい光脱毛は、毛深い女性にピッタリの脱毛方法です。

遺伝だと諦めず、食生活を整え、睡眠時間を確保し、ストレスを無くす。

その上で、光脱毛に通えば、毛深い自分とも、サヨナラ出来ますよ!

銀座カラー 脱毛キャンペーン